• Travel to Mongolia and discover its scenic beauty.
  • Travel in Mongolia - Put yourself in this picture
  • Trips in Mongolia - Put yourself in this picture
  • Traveling to Mongolia - Discover the land of blue sky
お気軽にお問い合わせください

(976) 70120011
営業時間;9時~18時
平日
ウランバートルの時間 (GMT+8):
モンゴルの基本情報
フスタイ国立公園

ウブルハンガイ県
ウブルハンガイ県の県都をアルワイヘールです。ウブルハンガイ県はウランバートル市から430キロ離れ、モンゴルの中心部に位置し、県土の西北にハンガイ山脈、西南にゴビ・アルタイ山脈、東南に草原地帯、南部にゴビ砂漠それぞれがあります。もんごるの一番長いオルホン川があります。オルホン川から落ちる赤滝があり、高さは24メートルです。

フスタイ国立公園
ウランバートルから90キロ離れたところに砂丘が見えてきます。そちらには野性馬(タヒ)フスタイ国立公園があります。1900年から残念ながら子馬が海外に持ち出され、種馬が禅つめつしたり、1970年にモンゴルのタヒが完全に絶滅したが1992年からオランダ政府び支援でタヒ・プロジェクトを実施され15頭のタヒをモンゴルの国土に戻しました。900平方キロの地域を保護し始めました。現在のフスタイ国立公園の野生馬頭数は180-200頭ぐらいです。

モンゴル砂丘
草原の中にいきなり砂丘が見えてきます。この砂丘をモンゴル砂丘と言います。80キロ長く伸びた砂丘はゴビ地帯のイメージをします。風により模様を作っているのは面白く見えます。こちらはゴビ地帯、草原地帯、高山地帯を一緒に見られます。砂丘に登ってから周辺を詳しく見られ、北部にはフグヌハン山が存在しています。

フグヌハン山
7-8世紀ごろモンゴル国土に定住していたトルコ人の祀る何ヶ所の一つです。13世紀のモンゴル秘史歴史書にこの山がハンハルハン山と言う名で載っています。花崗岩からできた山でトルコ人の墳墓、碑文などの遺跡が発見され動植物、鉱物が豊富です。黒と白水晶、雲母等の鉱物、白樺、唐松ヤマナラシなどの木、鹿、のろじか、狼、ウサギ、ネズミ、かささぎなどの動物、鳥が生息しています。この山のふもとの寺を破壊し1688年にお坊様たちを去勢し殺していた事件があったのでこの山をフグヌハン山と言う呼び名になりました。この寺は花崗岩、片岩を使用し、建築様式は釘が一本も使わなかったチベット式の素晴らしい寺院でした。

カラコルム遺跡 
カラコルムは13世紀ごろモンゴル帝国の首都でした。カラコルム首都は現在のエルデネ・ゾー寺の倍大きさである。チンギスハーンは1206年にモンゴルの土地に住んでいた部族をまとめ、モンゴルの帝国を建国し1220年に首都としてカラコルム市を造り始めました。チンギスハーンが亡くなり、息子のウゴテイハーンが都市建設を続け、1935年に64本柱を使用した壮麗なトゥメン・アムガラン宮殿を建立しました。10国の貿易関係の中心場所があったのが歴史に詳しく見られています。1380年にミン国(現在の中国)に攻撃され、全体的に破壊された。現在カラコルムから残ったのは亀石だけです。その亀石が歴史を伝えるために長い時代を渡ってきました。

銀製の木
1936年トゥメン・アムガラン宮殿の前側に銀製の像を作ったのは当時の一番目立つものだった。13-14世紀のモンゴル人の知識、文化、芸術、建築技術、加工技術などが優れていたことを証明します。諸国の装飾大工、彫刻家を募集し、宮殿、銀製を建立させたと歴史書に書かれています。この木はモただンゴル、中央アジアだけでなく世界の中世期の素晴らしい遺産です。銀製の木の上に天使がラッパを手に持った形の彫刻があり、したに銀製の4匹獅子の頭の形した彫刻がありました。木の上部には蛇がの頭の形した口から4種の食べ物が出て下にある4鍋に注ぎていた。銀製の木の下に穴蔵から飲み物を注ぎ始めていました。

エルデニ・ゾー寺院
エルデニ・ゾー寺はオルホン谷の世界遺産の一つです。アブタイサイン・ハーンがモンゴルの仏教を天来させる目的で1586年からこの寺を建立しました。1803年からまでエルデニ・ゾーの4つ門や全体に配分された108仏塔を400x400メートル城壁が建てられました。城壁内には62堂、1万人のお坊様がいました。西の門に入るとダライ・ラマ堂、摩車堂グルバン・ゾー堂、白い仏塔、ラブリン仏塔などがあります。



The best time to travel to Mongolia is June to September Mobile Version Mongolia travel agency and tour oprator Mongolia Travel 蒙古旅遊, 蒙古旅遊 モンゴル旅行、 モンゴル旅行 Mongolei Reisen Mongolei Reisen Монголия путешествия Монголия путешествия
Your assurance of excellence and reliability:
Logo of Ministry of Culture, Sports and Tourism, Mongolia
Ministry of Culture, Sports and
Tourism
MongoliaLogo of  Travel Association
Mongolian Tourism Association
Travel Mongolia, Mongolia Chamber
Mongolian Chamber of Commerce and Industry
international ecotravel
The International
Ecotourism Society
visa mastro We accept Visa or MasterCard.
Discover Mongolia Travel Co., Ltd. (registered in Mongolia with a travel company No 2810093 )
All material copyright © 2004/2014. All Rights Reserved to Discover Mongolia.